iPhoneの容量不足の解消方法

iPhone、iPadは本体内の保存領域を後から
増やすことができません。

おまけに16GBのサイズで売られていても
いろいろなアプリを動かすための基本ソフトも
入っているので最初から実質10GBちょいの
保存領域しかありません。

特に画像や動画をたくさん保存する若い子たちは
すぐに使いきってしまう容量です。

アンドロイドのスマホならマイクロSDカードを
本体内に挿して容量アップができますが
アップルのiPhone、iPadは本体内に挿した
外部メモリで容量アップする機能はありません。

とりあえずパソコンに直接繋げば、画像データを
パソコンにコピーして移すことはできます。

インターネット環境とパソコンがあれば
iCloud(アイクラウド)のデータ共有機能で
コードなしで画像等を移すことも可能です。

iPhone購入の際は、本体メモリサイズを
よく考えてから買うのが一番ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です