Windows10無償アップグレード期限

昨日、パソコンのSSDがダメになって
交換したお話をしましたが
購入時の基本ソフト(OS)は
Windows7でした。
壊れる前もWindows10を導入していた為
今回も復旧後にWindows10に更新します。

Windows10は7月29日までは該当の
ウィンドウズユーザーなら無償で
アップグレードできます。

今回は期限内ですし特に問題なく
Windows10にあげることができました。

が、期限を過ぎ壊れたらどうするのか?

マイクロソフト社のQ&Aの回答では

・期限内に一度でもWindows10にあげたユーザーは再度インストール可能
・ただしハードウェア構成が変わったらインストールできない場合あり

という感じでした。

ハードウェア構成が変わったら・・
というのは、今回のように部品が壊れて
交換した場合はいいます。

なので、今回の故障も7月29日以降ですと
無償で更新できなかったかもしれません。

Windows10はWindows7を利用していた方なら
操作方法も含め違和感は少ないと思います。
Windows8/8.1ユーザーはアイコンメインで
使っていた方にはXPや7に戻った感じですかね。

無償期限を延長するかもしれませんが、
特別なソフトや周辺機器を使ってない場合は
無償期間中にWindows10に更新しても
損はなさそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です