カメラのレンズにカビが・・の対処方法

今日も激しい雨が降っている鹿児島です。
皆さんのお住まいの地域は大丈夫ですか?

梅雨の時期によくある問い合わせがこちら

カメラのレンズにカビがついたのですが・・

一眼レフカメラのような交換レンズも
コンパクトタイプのデジカメでも
保管場所や状況でレンズにカビが生えます。

さて・・対処法ですが
表面のカビならレンズ専用のクリーナーか
医療用アルコールで優しくふき取って下さい。

でもレンズ内部のカビなら・・
専門業者に依頼して分解清掃しかありません。。
費用は1万円以上を覚悟してくださいね。

そんなにかかるなら、放っておくか・・
と考えたそこのあなた!

一眼レフカメラの交換レンズを複数お持ちなら
他のレンズにも影響でる可能性ありますよ。

結論、レンズのカビはつく前の予防が一番です!

カビの予防は乾燥した状態で保管ですよね。

コンパクトデジタルカメラなら
100円ショップで買ったタッパーと
小さめの乾燥剤でなんとかなりそうです。

ミラーレスカメラや一眼レフカメラ所有で
交換レンズも複数お持ちの方なら
専用の商品でこんなのもあります。


アマゾンの部門別人気ナンバー1

ここで乾燥剤を使う場合の注意点がひとつ!

「乾燥しすぎはカメラによくありません」

乾燥剤は水分をとことん吸収しますので
吸収能力に余裕があればボックス内は
カラカラ、湿度0%になるかも。

湿度が20%以下だとゴムやスポンジが
劣化します。めんどくさいですねー

いちおう塩化カルシウム系の乾燥剤でなく
シリカゲル系の乾燥剤のB型を使えば
湿度の調節機能があり大丈夫みたいです。

乾燥剤の期限と種類をいちいち把握するのが
めんどくさいという方や
交換レズを3本以上お持ちの方は
オートドライ機能のある防湿庫がお勧めです。

価格は1~3万円以上しますが、カビのはえた
レンズの清掃代を考えたら安いかもしれません。

デジタル便利屋でも100L超の防湿庫を
15年以上使ってますが安心で楽ですよ。


コストパフォーマンスがよい防湿庫


プロも愛用する安心メーカー 東洋リビング製

ちなみに防湿庫の収納量ですが
目的の機材をさっと取り出すには
商品説明の約半分のカメラやレンズ本数
と思ったほうがよいです。

お金のかかる保管方法を書きましたが
最後にお金のかからない方法もひとつ紹介

それは・・

カメラをよく使うこと!

空気中のカビ菌が一定の場所にとどまるのが
カビの生える原因のひとつなので

カメラの電源を入れ、レンズを動かすことで
カメラやレンズ内部にも空気の流れができます。

なので2,3日毎にカメラを使っていたら
その辺に放置してもカビ発生しにくいです。

異常に高温多湿の場所に置かないことや
カメラに水分が付着したらふき取ることが
大前提ですけどね。

せっかく購入したカメラなんで
いっぱい写真撮ってくださいね!